立位でかかとを着くと痛い、

特に朝起床時にベッドから降りて、立とうとした初めが特に痛く、

歩きはじめると楽になってくる、という状態の方のレッスン内容です。


寝た状態で足底、かかと周辺の拘縮を解除し、足先を屈曲しても痛みはでなくなりました。

次に踵に圧を加えても痛みはありません。

最後に立位になった瞬間、痛みが出ると言われ、

確認すると、大腿からふくらはぎにかけて

異常に緊張が入るラインがありました。

その部分の緊張をリリースする事で

立位の踵の痛みは緩和しました。

まだ完全ではないので、セルフリリースのポイントをおさらいし、

歩き方のくせを修正して当日のレッスンを終了しました。

立位の時の緊張をリリースしたり、

足の裏に手が届かない方の場合、サポートをしています。

またセルフではなかなか、思うようにできなかったり、

しっかりと緊張が抜けた状態でリリースが出来ない個所は

手をお貸ししています。

このようにして、ご自分でケアする場合のコツを少しずつつかみながら

不調箇所をケアするレッスンを重ねることで

身体はどんどんと楽になり、質が向上していきます。

楽しくリラックスして、スキルも身体の質も上げていきましょう〜!



早苗セルフ筋膜リリース教室:ティーズテクニックとティーズエクササイズで
あなたの筋膜の健康を引き出しましょう!
 
ティーズリリースHP  
 
かかとが痛いという方は
足底の筋肉の疲労により足底、
特にかかとの筋膜が硬くなっています。

足底からかかと、アキレス腱にかけて
丁寧にきちんと筋膜リリースをすると
その場で大概の人は痛みが消えます。

どうして急に足底の筋肉が疲労したのか
心当たりを聞いてみると
靴が原因の事が多いです。

靴が甲の所で適度に固定されずに
ゆるすぎることで足底の筋肉が
余計な疲労をしているのです。

新しく買った靴が自分の甲の厚さに合ってなかったり、
紐の締め方が緩くなっていたりすることが原因です。

紐を締めたまま脱げるのは緩い証拠です。
面倒でも毎回紐は締め直しましょう。


結んだまま履いたり脱いだりできるのは
緩いということです。

靴下の厚みによってもかなり緩みが違ってきます。
毎回きちんとチェックして
足を痛めないように予防しましょう。



fuji1
昨日の台風が通りすぎた後の夕焼けの富士山です。






 ☆筋膜リリースエクササイズで
快適な自然体を取り戻しましょう〜☆
ティーズリリースHP 
1