ロコモティブシンドローム:運動器症候群(通称:ロコモ)とは

身体を動かすために必要な運動器の低下により、

立ったり、歩いたりする動作が困難となり、

寝たきりになる危険性が高くなる症状をいいます。

健康寿命を伸ばし、生活の質を維持する意味で

日頃の正しい対策・予防が必要となります。


一番わかりやすい対策が良い筋肉を維持することです。

そのためには筋肉を包んでいる筋膜を正しくケアすることが重要です。

筋肉が働かないと、血液、リンパ液を含め

身体全体の流れが滞ってしまいます。

正しい筋膜ケアで筋膜を弛め

筋肉が自由に動ける状態で、程よい筋トレをすることです。

ポイントは

正しい筋膜ケアです。

まだまだ筋膜ケアの真髄が浸透していません。

筋膜ケアも筋トレも 痛い はNGです。

正しい筋膜ケアを当サロンまたは継承サロンで体験してください。



実績のあるティーズリリースの筋膜ケアで、
故障のない身体づくりを目指しましょう。
継承サロンもご利用ください ↓



ティーズテクニック継承サロンはこちら〜

ケーズリリース:群馬県伊勢崎市、女性と子供専門、股関節、膝関節を特に専門。

たんぽぽリリース:横浜市中区関内、太極拳の基礎練を取り入れた身体づくり&筋膜リリース。

さくら・リリース:神奈川県藤沢市、土曜日のみ営業。特にアスリートの方にお勧めです。



早苗横浜市中区・筋膜リリース教室
思いやりの筋膜リリース ティーズリリースHP 

筋膜の固い筋肉、腱、靱帯は筋トレをしても有効に鍛えられません。

逆に疲労し、筋膜の固さを増してしまいかねないのです。

身体が固いということは、

筋膜が固いということです。

筋膜が固い筋肉、腱、靱帯は

伸縮性にばらつきが出て、運動の際に軸が狂います。

例えば腕を曲げ伸ばしする運動の場合

肩、上腕、前腕、手首、の筋肉、腱、靱帯のいづれかに拘縮、緊張があると

絶対にまっすぐに伸びません。

ゆっくりと動作をして、ラインを確かめましょう。

ゆっくりと動作すると引っかかるような箇所、伸びづらい個所に気付けます。

速い動作で、勢いをつけると隠れてしまいます。

ほんの少しの違和感をも、筋膜リリースで、確かに解消し筋トレを行うことが

筋トレの効果を上げる事に繋がります。

筋トレは正しい筋膜ケアから始めましょう。





実績のあるティーズリリースの筋膜ケアで、
故障のない身体づくりを目指しましょう。
継承サロンもご利用ください ↓



ティーズテクニック継承サロンはこちら〜

ケーズリリース:群馬県伊勢崎市、女性と子供専門、股関節、膝関節を特に専門。

たんぽぽリリース:横浜市中区関内、太極拳の基礎練を取り入れた身体づくり&筋膜リリース。

さくら・リリース:神奈川県藤沢市、土曜日のみ営業。特にアスリートの方にお勧めです。



早苗横浜市中区・筋膜リリース教室 
ティーズリリースHP  

成人を過ぎますと、毎日じわじわと老化が始まっています。

ですから、昨日と全く同じケアでは間に合いません。

この微妙な変化を感じ取れるかどうかは、自分の身体のセンサーの質の違いです。


そのセンサーの感度の質を保つには、身体が訴えていることを無視しないことが一番です。

1回無視することでも、センサーの質は低下してしまいます。

身体の良くないことを持続していることで、身体全体の質が低下し結果センサーも鈍るのです。

常に身体のベストを保ちたいから、身体は訴えているのです。

今は仕事優先だからとか、時間がないから後でと無視することで

センサーの質は落ち、訴えが鈍くなっていきます。


そこをうまくやりくりしセンサーに答える事がことが

センサーを鈍らせないコツなのです。



ティーズリリースの筋膜ケアが成果が出るのは現状主義だからです。

今現在の状態を確実にとらえて、現状に沿ってケア、鍛錬しているからです。

今をとらえる力、つまりセンサーの質がティーズリリースの最大の強みなのです。


一般的な情報で、体操をしたり、ストレッチやケアをしても

その状態にあっていなければ、プラスどころかマイナスになってしまいます。

合っているか、成果が出ているか判断するのも自分の身体のセンサーなのです。


自分の身体のセンサーを鈍らせないことが一番の自己管理術です。

一日怠けると、センサーの基準が甘くなり、健康管理の質が低下する

ということを念頭に、しかしストイックにはならないように

ゆったりと管理しましょう 顔文字




早苗セルフ筋膜リリース教室 
ティーズリリースHP