四十肩、五十肩というネイミングから、

このぐらいの年になると、肩は固まってもしょうがないとあきらめている方

もしくは時間が経つと自然に解消するものと放置している方

このような方が多いです。


可動範囲が狭まったり、ある動作で痛みが出たりするようになって当サロンにいらした方に

心当たりを伺うと、ちゃんとした原因がある方がほとんどです。


例えば変な格好で遠くのものを取ったとか、

高い棚から重いものを下したとか、

電動ドリルや電動のこぎりを長時間使ったとか

転んで手をついたとか様々ですが

思いあたることがおありです。


そしてそのように使ったラインの筋肉、腱、靱帯の筋膜のある部分に拘縮が発見できます。

可動範囲を狭めている箇所、動作して痛い個所に拘縮があります。

しかし筋肉の束の間に爪楊枝一本ほどの拘縮が隠れていたり

小豆粒ほどの拘縮が原因だったりすることもありますので

集中して探さないとわかりづらくもあります。

そしてその硬縮を的確にリリースする技術が必要です。

むやみにもんだり、強い圧をかけたり

無理矢理筋トレをしたりすると

逆に良かった箇所も疲労してしまいますので注意しましょう。

長い間固まったまま放置して可動範囲の狭い動作をしていますと

代謝が悪く、広範囲の筋膜のコラーゲンが古いまま固くなっていますので

そのような場合は、回復の期間がかかります。

身体は可動しない部分を放置すると、筋膜の固さは拡大します。

正しい筋膜リリースで的確にケアしましょう。


実績のあるティーズリリースの筋膜ケアで、
故障のない身体づくりを目指しましょう。
継承サロンもご利用ください ↓



ティーズテクニック継承サロンはこちら〜

ケーズリリース:群馬県伊勢崎市、女性と子供専門、股関節、膝関節を特に専門。

たんぽぽリリース:横浜市中区関内、太極拳の基礎練を取り入れた身体づくり&筋膜リリース。

さくら・リリース:神奈川県藤沢市、土曜日のみ営業。特にアスリートの方にお勧めです。



早苗横浜市中区・筋膜リリース教室
思いやりの筋膜リリース ティーズリリースHP  

前にも記事にしましたが、相変わらず、肩が痛いと、私も『四十肩、五十肩』の年になったのかしらと勝手に思い込み、あきらめている方が多いです。

そのような症状で当教室に来られる方も、どの動きがどの位置で制限され、どこの硬縮が原因かを本人に指導しながら、丁寧に調べていくと、きっちりと硬縮部分が特定されます。(手が後ろに回らない場合は肘周辺も硬いです。)

 そこで重いものを持ったとか、肩にバッグをかけていたとか、高いところに重いものを上げたとか、硬縮部分を酷使した動作をしたことに気付かれることが多いです。

 ただ、年齢で自然に固まるものではないことに気付かれます。肩関節と股関節は同じ構造です。人間は動物なので4つ足の前足が肩関節なのです。肩関節周りの筋肉、腱、靭帯の筋膜が硬縮したものを『四十肩、五十肩』、と命名されているのです。

 股関節の場合は歩行に影響が出るので、重大視されますが、肩の場合はいくら痛くても、そのうちおさまると放置する方が多いです。おさまるとは、痛い時期を通り過ぎて固まったにすぎないと考えます。

 肩関節周りが硬くなる理由は、肩関節を動かさな過ぎても起こります。動かさないということは筋肉の機能が低下し、代謝が悪くなり、栄養がこない、余計なものが回収されない状態で、筋膜内の細胞がエネルギー不足で働けずに、新しいコラーゲンが作られず瑞々しさを失って拘縮してしまいます。
 前記の動作による過労でも回復の能力が追い付かない所が硬縮してしまいます。

 四十肩、五十肩と命名し、肩が固まっているだけと軽く考える方もおられますが、肩周辺の筋肉が働いていない=血流が滞っているということで、頭の方にも血流が悪くなるということも念頭に早く的確に解消することを考えましょう。 

  身体の一部が正常に機能していないことが、いかに身体全体の質を低下させているかということです。
身体は全体でとらえ、一人一人が自分の身体を正しく管理ケアして、一生現役で健康長寿を目指しましょう。

 


花セルフ筋膜リリース教室 太極拳の基礎練習を取り入れて、自分の身体の状態に気付く練習、硬さを筋膜リリースでする練習を併用して、理想の身体づくりを目指します。いつからでも参加できます。

花ティーズリリース・セミナー 開催中。要予約。
ティーズテクニックの施術の技術を学びたい人のためのセミナーです。マンツーマンのため人数が限られます。お申し込み、ご予約はお早めにお願いします。施術サロン、セルフ筋膜リリース教室の開業も可能です。


 早苗筋膜リリースで細胞から活性化!
ティーズリリースHP 
『四十肩、五十肩』などと名前が浸透していると、中高年で肩が痛かったり、手が上がらないと、自分も四十肩、五十肩の年代になったのかと納得され、こんなものかとあきらめてしまわれる方が多いようです。

 四十肩、五十肩も関節を動かさな過ぎて、代謝が悪くて筋膜内の細胞が働けずに、新しいコラーゲンが作られず瑞々しさを失って拘縮しているか、もしくは動作による過労で硬縮したかのいずれかが原因の場合がほとんどで、当教室に来られた方は筋膜リリースにより回復され、元の可動域を取り戻されています。

 四十肩、五十肩と命名し、肩が固まっているだけと軽く考える方もおられますが、身体全体の機能を考えて、肩周辺の筋肉が働いていない=血流が滞っている。 ということが他の器官にもどれほどの影響、負担をかけているかということです。

  身体の一部が正常に機能していないことは大問題であり、身体の質を明らかに低下させていく要因となります。身体は全体でとらえ、身体全体が機能するよう管理ケアすることが、健康長寿の基本です。

 筋膜の概念を学び、身体に優しいケアを習得して、毎日管理し、即ケアしてベストコンディションを保つことが健康維持の秘訣です。



花セルフ筋膜リリース教室 太極拳の基礎練習を取り入れて、自分の身体の状態に気付く練習、硬さを筋膜リリースでする練習を併用して、理想の身体づくりを目指します。いつからでも参加できます。

花ティーズリリース・セミナー 開催中。要予約。
ティーズテクニックの施術の技術を学びたい人のためのセミナーです。マンツーマンのため人数が限られます。お申し込み、ご予約はお早めにお願いします。施術サロン、セルフ筋膜リリース教室の開業も可能です。


 早苗筋膜リリースで細胞から活性化!
ティーズリリースHP