寒い朝、先ず温かな白湯で身体を目覚めさせましょう。

空気が冷たく、乾燥していますと、皮膚からの失なわれる水分量が増えます。

さらにエアコンを使用することで乾いた暖かい空気が出て、より乾燥します。

部屋の加湿器も気を付けて、40〜60%程度の湿度に保ちましょう。
 

冬場に多い脳梗塞と心筋梗塞は脱水が関係しているそうです。

水分の摂取が減る

 ↓

身体が脱水症状になる

 ↓

血液がドロドロになる

 ↓

周りの温度の変化で血管が縮む

 ↓

血管が詰まる

 ↓

脳梗塞、心筋梗塞などの危険性が高まる


お風呂場で倒れる人が多いのは、この温度差です。
 

冬は水分の摂取量がどうしても減ります。
 

睡眠の前後、お風呂の前後、食事の前後 とポイントで押さえておくと

飲み忘れがなくなります。

のどの渇きで判断しては遅すぎます、

習慣づけて健康管理しましょう。
 

水分管理は筋膜にも大いに影響することは何度も申し上げています。

身体が瑞々しく流れるには、十分な水分が必要です。

温かな白湯で心身共に温まりましょう〜お茶



紅葉1





















紅葉2

この冬は寒さのおかげで紅葉が見事です。山手スタジオの庭のかえでです。



早苗セルフ筋膜リリース教室:ティーズテクニックとティーズエクササイズで
あなたの筋膜の健康を引き出しましょう!
 
ティーズリリースHP  

腹式呼吸と胸式呼吸をゆったりと行うことで

呼吸筋を隅々まで伸ばし、軽度の緊張、拘縮を改善するとともに

それだけでは改善しない、筋膜リリースの必要な部分を確認していく作業でもあります。


また、呼吸筋の伸縮を妨害している下着の締め付けにも気づけます。

自分で気づくことが大切なのです。

きついブラジャーやコルセットが、いかに筋肉の動きを阻害しているかに

自分で気づき改善する心がけが必要なのです。

体操するときだけ、ゆったりとした衣服に着替えるのでは意味がないのです。

日頃の衣服の状態で確認することが大切です。  服

筋肉を締め付けることは、血流、リンパの流れ、すべての流れを悪くしてしまいます。

それは身体全体の質を低下する大きな要因になります。

いくら筋膜ケアをしても、筋トレをしても

下着、衣服、靴などで締め付けていては元の木阿弥です。

総合的に自分の身体の環境を見直して行きましょう。


早苗筋膜サポーターズ:ティーズテクニックとティーズエクササイズで
あなたの筋膜の健康を応援します! 

ティーズリリースHP  
どんなスポーツ、エンターテイメントも、心身を緩める事(ニュートラルに戻す事)が基本です。

健康体ということで、誰でもが必要な基本の基本です。

車を運転するには、免許が必要ですので、そのために仕組みや、運転方法を学び、テストで合格しなければ運転できません。

しかし身体の使い方(運転方法)、ケアの仕方(メンテナンス方法)はテストがありませんので、自分の考えで自由にできます、それが健康格差が出来る理由です。

また身体の仕組みは解明されていない部分が多く、そのためにメンテナンス方法、各種健康グッズ、情報があふれかえって、選択に悩む方が多いのが現状です。

私の結論は、自分で自分の身体の声を聴き、自然体を保つということです。

そこで私が考案しました、筋膜リリースと太極拳の基礎練習のコラボした鍛錬方法は、身体の声を聴き、硬さをリリースし、また鍛錬するという、シンプルで老若男女、不調のある方も、誰でもが継続しやすく、理にかなっていると思います。

身体の鍛錬方法は各種ありますが、太極拳は、中国の皇帝も身につけていたという伝統ある武術。人が持っている生体エネルギー・技・で戦う拳法で、健康法としても評価の高い武術です。

姿勢を正してゆっくりと動き、意識を集中させて呼吸をおこなう全身運動で、腹式呼吸でおこなうために、心身共に落ち着きやすく、ストレス解消や、リラックス効果があります。有酸素運動で、身体の隅々まで酸素が行き渡り、新陳代謝が活発になり、筋力が付き強くて丈夫な身体作り、アンチエイジング、美肌作りにも効果があり女性にピッタリです。

自分の努力なくして、健康体は手に入れられません、皆さんとご一緒に楽しく、正しく身体作りをしましょう。

花セルフ筋膜リリース教室 太極拳の基礎練習を取り入れて、自分の身体の状態に気付く練習、硬さを筋膜リリースでする練習を併用して、理想の身体づくりを目指します。いつからでも参加できます。

花ティーズリリース・セミナー 開催中。要予約。
ティーズテクニックの施術の技術を学びたい人のためのセミナーです。マンツーマンのため人数が限られます。お申し込み、ご予約はお早めにお願いします。

 早苗筋膜リリースで細胞から活性化!
ティーズリリースHP 
1