私たちの身体は60兆個の細胞からなり、1日に約7000億個の細胞が生まれ変わっているそうです。

細胞の代謝の周期は、それぞれの器官で違い、脳細胞と心筋細胞以外は約2日から90日で入れ替わります。

肌や髪の毛は28日、筋肉は約60日、骨細胞は90日で生まれ変わります。


そしてその細胞は心で思うことが影響を与えるということです。せっかく生まれ変わっても記憶はコピーされます。

ですから常に良い記憶に書き換える必要があるのです。 細胞は経験を記憶するからです。

つまり、悲観的な思考、怒り、憎悪の思考などは細胞を傷つけて、身体を弱らせてしまう負のエネルギーになります。

 日々、自分の身体の良くなっている部分を喜び感謝すると、細胞の働きを高め、身体を強く健康へと導くプラスのエネルギーとなるのです。

 
 不調を作ったのも自分で、直すのも自分です、主体性をもって明るく感謝の心で、日々自分の身体と向き合い、正しく使い正しくケアする事が健康長寿となり、これから迎える超高齢化国家の解決策となるでしょう。

 


花セルフ筋膜リリース教室 太極拳の基礎練習を取り入れて、自分の身体の状態に気付く練習、硬さを筋膜リリースでする練習を併用して、理想の身体づくりを目指します。いつからでも参加できます。

花ティーズリリース・セミナー 開催中。要予約。
ティーズテクニックの施術の技術を学びたい人のためのセミナーです。マンツーマンのため人数が限られます。お申し込み、ご予約はお早めにお願いします。施術サロン、セルフ筋膜リリース教室の開業も可能です。

 早苗筋膜リリースで細胞から活性化! 
ティーズリリースHP   

 

NHKスペシャル 人体 ミクロの大冒険 は大変興味深いものでした。

 細胞は 静的 なものではなく、動的 で 主体的 な存在だということです。

 細胞は環境を察し、ダイナミックに変化し、時には働くべき遺伝子を自ら選んでいる、その細胞の変化こそが私たちの基本を決め、経験を人格へと反映させ、人生を紡いでいるということだそうです。

 4回目の 老いと死 で老いの根底にはたった1種類の免疫細胞の働きが鍵を握っているということです。

 世界一長寿の人の割合が多いイタリア・サルデーニャ島の、長寿の方の免疫細胞を調べた結果、20代の働きをしていたそうです。 

 人体は200種類、60兆個の細胞で成り立ち、そのうちの2兆個が免疫細胞で、骨髄で毎日1千億以上作られ、血液により全身を巡っているということです。

 
この番組を見てあらためて感じました。

『体幹を緩め、スワイショウの動き、全身のラインの調整、全身の筋肉をくまなく動かすことを毎日行う』

ということが、いかに大切か。

 人体という小宇宙の神秘的な謎はまだまだ分からないことだらけです、むやみに人工的に手を加えず、自然をありのまま活かすことが大事だと思いました。 

 


花セルフ筋膜リリース教室 太極拳の基礎練習を取り入れて、自分の身体の状態に気付く練習、硬さを筋膜リリースでする練習を併用して、理想の身体づくりを目指します。いつからでも参加できます。

花ティーズリリース・セミナー 開催中。要予約。
ティーズテクニックの施術の技術を学びたい人のためのセミナーです。マンツーマンのため人数が限られます。お申し込み、ご予約はお早めにお願いします。施術サロン、セルフ筋膜リリース教室の開業も可能です。


 早苗筋膜リリースで細胞から活性化! 
ティーズリリースHP   

私たちの身体は、60兆個もの細胞からできていることはよく知られています。

各器官を形成する細胞は、体性幹細胞と呼ばれる母となる細胞から生み出されています。

この幹細胞は、分裂・増殖してもその器官にしかなりません。

一方、どんな組織にでも変わる万能性を持っている 多能性幹細胞 というものも存在しています。

ノーベル賞に輝いた iPS細胞人工多能性幹細胞)の発見で、この細胞の存在が有名になりました。

(ちなみに幹細胞は約20年周期に6回再生するので、20年 × 6回=120年 が人間の寿命だと聞いた記憶があります。年代で基本の幹細胞の質が違うと考えると、各器官の年代別の違いが納得できると思います。)

 

 骨の内側にある骨髄には、リンパ球や血球などの血液細胞を作り出す骨髄幹細胞 があります。

この骨髄幹細胞が 、血液だけでなく、神経や心臓、皮膚などの細胞にも変わる 多能性幹細胞 の性質を持つことが、わかってきたそうです。

骨髄幹細胞は、身体の中に変調や異常が起こると、血液を通じて損傷部位へと誘導されて、損傷した組織に集積し、さまざまな組織を形成するという能力を持っている、ということがわかっているそうで、あらゆる分野で研究が進んでいるそうです。

そこで、今教室で取り入れている、スワイショウなどの太極拳の基礎練習が細胞の再生のサポートになっていると感じます。

実際、筋膜リリースの反応が良くなっているからです。長い間拘縮していた筋膜は細胞の働きが悪く、反応が鈍く、回復の壁となっていました。

 当教室は股関節周辺が長年固まっていた人が多く来られていて、どんどん良くなれていているのですが、最後に鼠蹊部や、短内転筋の拘縮のリリースが、あと一歩という所から、なかなか進展が見られなかった方が、スワイショウを取り入れてまもなくスーッと反応し、拘縮がとれたのです。

つくづく身体の回復には、身体全体を活性化することが重要で、正しく動かすことがいかに効果が出る事かを実感しています。

*スワイショウは簡単なようで、ほとんどの人が最初は正しくできません、正しくできなければ、逆にどこかを痛めてしまいます。正しい指導の下、自分が出来ているか確認してもらう必要があります。



花セルフ筋膜リリース教室 太極拳の基礎練習を取り入れて、自分の身体の状態に気付く練習、硬さを筋膜リリースでする練習を併用して、理想の身体づくりを目指します。いつからでも参加できます。

花ティーズリリース・セミナー 開催中。要予約。
ティーズテクニックの施術の技術を学びたい人のためのセミナーです。マンツーマンのため人数が限られます。お申し込み、ご予約はお早めにお願いします。施術サロン、セルフ筋膜リリース教室の開業も可能です。


 早苗筋膜リリースで細胞から活性化!
ティーズリリースHP 

1