膝、股関節の痛みの原因が 「軟骨がすり減ったから?」 とよく言われますが、これには大いに疑問を抱きます。

軟骨がすり減って骨と骨がぶつかるから痛いのであれば、椅子に腰かけている時や、寝ている時には、関節には力が加わっていないはず、同じように痛いのはつじつまが合いません。

関節の周りは強靭な靭帯に包まれて、力が分散するように物理学的に巧みにできています。

よほど強い力がかからないと軟骨同士がぶつかることはありません。

すり減るのではなく、周りの組織が硬縮していて、血流が悪く栄養が届いていないと考えるのがピンと来るのです。そう考えると周りを緩めることで軟骨が再生した人の理由が納得できると思います。

ですから、「膝が痛いのは軟骨がすり減ったからで、それは筋力が衰えているからです」と、筋トレすることは痛みの原因である緊張、拘縮のある筋肉、腱、靭帯を疲労させ、結果、余計に拘縮し、ますます軟骨に栄養が届かないことになります。

緊張、拘縮した筋膜に包まれた筋肉、腱、靭帯は細胞に栄養が届かず瀕死の状態なのです、そこへまた労働を課すことが不条理であることは想像がつくかと思います。身体は悲鳴を上げています。

じっくりと身体の声を聴き、どこの細胞が助けを求めているのか、どのようなサポートが必要なのかを考え、的確な仕事をすることが筋膜ケアの基本なのです。

 

ティーズテクニック継承サロンはこちら〜
 

ケーズリリース:群馬県伊勢崎市、女性専門、股関節の不調の方必見!施術とセルフ筋膜リリース教室を開催中!

たんぽぽリリース:東京都、私の太極拳の師匠です、身体の歪みをリリースして身体の正しい使い方を習得したい方必見、グループ教室開催中!


 早苗筋膜リリースで細胞から活性化!
ティーズリリースHP 
1