未病の前の段階で直すという観点から

正座をした時点では痛みは感じないが、直に辛くなって足がしびれてしまうのは、筋膜が健康状態ではありません。

大腿、下腿ともに全体的に緩い硬さがある人が、このような状態になります。

この段階でしっかりと筋膜を健康状態に戻すことが、未病の前の段階で直すというステージです。

このわずかな硬さが、新陳代謝を妨げ、徐々に硬さが増してきて、動作で痛みが出たり、正座が痛くてできない段階へと、進むのは案外早くおこります。

またこの状態は筋肉、腱、靭帯がフル活動出来ないのでパフォーマンスにも影響します。

スポーツマンの方は、筋膜リリース後にタイムがアップするので実感できます。


筋膜リリースは、このように全身の筋膜を常に健康状態に保つことが出来ます。これが未病の前の段階で直すということです。

この技術をマスターするには、正しい指導の下、集中力をもって真摯に取り組むことです。

自分の身体を思いやりの心で優しく接し、レッスンを重ねて健康長寿をめざしましょう。


花セルフ筋膜リリース教室 太極拳の基礎練習を取り入れて、自分の身体の状態に気付く練習、硬さを筋膜リリースでする練習を併用して、理想の身体づくりを目指します。いつからでも参加できます。

花ティーズリリース・セミナー 開催中。要予約。
ティーズテクニックの施術の技術を学びたい人のためのセミナーです。マンツーマンのため人数が限られます。お申し込み、ご予約はお早めにお願いします。施術サロン、セルフ筋膜リリース教室の開業も可能です。


 早苗筋膜リリースで細胞から活性化!
ティーズリリースHP 
昨日記事にも書きましたように、未病は健康診断や、検査などで異常がないけれど自覚症状がある場合で、健康体を手に入れるには一日も早くこの未病をなおすことです。


当教室ではもう一歩進んで、

自覚症状がない、自分でなかなか気付けない身体の硬い部分や、動作のくせ、筋肉バランス等を見つけて、解消するというハイレベルな内容のレッスンを行っています。

現在レッスンに来られている人は2つのタイプの方々です。

.好檗璽弔筌僖侫ーマンスをより高める目的で、身体全体の細かい部分まで調整し、精度を上げるため、

¬ど造匹海蹐、股関節や腰、膝、足首など明らかに不調がある方。

と症状は極端に違います。

明らかに拘縮や緊張がある部分のケアはもちろんですが、身体全体を内面から見つめ、正していく作業は重症部分の回復も早めます。

そして何より、その作業を自身が主体性をもって取り組むことが大切なのです。

毎日の自分の身体の使い方、ケアの仕方が「未病のない身体づくり」の最も基本だからです。

筋膜リリースは正しい方法を覚えることが一番の早道です。

 テニスボールやポールでゴリゴリと、痛気持ちいいというやり方は、強いマッサージと同じで、その時は血流が促され気持ちの良さもありますが、肝心の筋膜の拘縮解消は難しいです。

 緊張がある場合は特にとても痛く、傷つけてしまいます。

筋膜の拘縮、緊張があるということは筋膜内の細胞が弱っていて、健康に戻れないのです、もっと繊細に丁寧にケアし、自分の身体の声を聴くことが出来れば、何を身体が要求しているかが分かるようになります。

自分の大切な身体です、正しく優しく思いやりの心で接しましょう!



花セルフ筋膜リリース教室 太極拳の基礎練習を取り入れて、自分の身体の状態に気付く練習、硬さを筋膜リリースでする練習を併用して、理想の身体づくりを目指します。いつからでも参加できます。

花ティーズリリース・セミナー 開催中。要予約。
ティーズテクニックの施術の技術を学びたい人のためのセミナーです。マンツーマンのため人数が限られます。お申し込み、ご予約はお早めにお願いします。施術サロン、セルフ筋膜リリース教室の開業も可能です。


 早苗筋膜リリースで細胞から活性化!
ティーズリリースHP 
 
未病とは病気と言うほどではないけれど、病気に向かいつつある状態のことで、

例えば、手足の冷えや、身体の疲れ、胃腸の不調など

健康診断や、検査などで異常がなくても、自覚症状がある場合は、未病の状態である可能性があります。


年頭に神奈川県知事から 『未病を治すかながわ宣言』が出されました。

以下要約して抜粋しました。

神奈川県は全国の中でも超高齢化社会に進展が始り、深刻な課題となっています。

今のままでは、医療や介護をはじめ今の社会システムが早晩持ちこたえられなくなるのは明らかです。

そうならないために今、私たちがなすべきは、健康寿命を伸ばし、高齢になっても誰もが生き生きと健康に暮らし、長生きして幸せだったという社会を実現することです。

最近の研究では、生活習慣病や要介護状態(虚弱化とも言われています)になる過程が解明され、それを未然に防ぐ方法も明らかになってきています。そのため、神奈川県は、特定の疾患の予防・治療に止まらず、心身の状態を整え改善する「未病を治す」取組みを進めることとしました。
これは、食や運動、社会参加など、ライフスタイルの見直しにより、人々の健康を維持しより良い状態にしていこうとするものです。

「超高齢社会を幸せに生きるには未病を治すことが大切だ」という価値観を県民文化として育てます。

神奈川県は、健康寿命日本一を目指し、広く、この宣言への賛同と参画を呼びかけます。
2014年1月8日 


神奈川県だけではなく、全国に共通した課題です。

私もまさに団塊の世代で、もっとも人口の多い60代です。この問題の取組みとしても、今開催しております、
『筋膜ケア&太極拳の基礎練習』は まさにピッタリです。

現在インターネット発信のみで、広報活動を行っているため、30〜40代の若い層に主に支持されています。

その方がたの親御さんやご親族、お知り合いへと言う方法でコツコツと着実に広めています。

団塊の世代の方も是非、スキルをマスターして、ご自身の健康長寿に、また社会貢献に役立てていただければ、より速く広まると思います。ご参加お待ちしています木


花セルフ筋膜リリース教室 太極拳の基礎練習を取り入れて、自分の身体の状態に気付く練習、硬さを筋膜リリースでする練習を併用して、理想の身体づくりを目指します。いつからでも参加できます。

花ティーズリリース・セミナー 開催中。要予約。
ティーズテクニックの施術の技術を学びたい人のためのセミナーです。マンツーマンのため人数が限られます。お申し込み、ご予約はお早めにお願いします。施術サロン、セルフ筋膜リリース教室の開業も可能です。


 早苗筋膜リリースで細胞から活性化!
ティーズリリースHP 


 
1