『ふくらはぎがむくむ、攣る』 事の対処法として、靴下やサポーターの締め付タイプを常時着用している方。

レッスンに来られる方の中にも、時々おられます。

ふくらはぎを見るとベースに筋膜の硬さがあり、ふくらはぎ全体がむくんでパンパンでカチカチです。

ベースの筋膜の硬さを指摘し、触れてもらうと納得されるようです。

こんな硬さが隠れていたのかと気づくことが出来ます。

その筋膜の硬さ(緊張の割合が多い)をリリースすると、ふくらはぎは元の緩みを取り戻し、むくみも自然にひいていきます。

サポーターで締め付けているときは、気持ちが良いのでつけているけれど、むくみは改善されないし、夜に寝返りを打つ時や、朝方にふくらはぎが攣るを繰り返している方が多いようです。

根本原因を的確に解消することで、むくみも攣ることからも完全に解放されます。

ふくらはぎがむくんだり、攣ったりするということを放置したり、対処法でごまかしていると筋肉が収縮できない、血流が悪くなることで、血管も劣化し、静脈瘤、動脈瘤と深刻な状態になりかねません。また下肢の筋肉の低下は、心臓に負担が掛ってしまいます。

身体中の筋膜を最適なケア方法で快適にしておくことは、健康維持の基本の基本です。
対処療法でごまかさず、根本解決しましょう。


自分の身体は自分で管理を目指しましょう。
セルフ筋膜リリース教室の詳しいご案内はHPをご覧ください。


 早苗筋膜リリースは筋膜の整理整頓術です。筋膜は使ったら元に戻す事が鉄則です。
ティーズリリースの職人技のスキルがそれを可能にします。
ティーズリリースHP 
 
 足がつりやすいということで受講される方も多いです。

特にふくらはぎという方が多いですが
中には背筋、腹筋、など全身がかわるがわるに
毎日のように何年にもわたり夜中になると攣るという方も
おられました。

皆さん病院、接骨院、整体院を巡られて
「一向に根本解消しなかった
 インターネットでやっと此処にたどり着き
 これだ!と閃きました。」
と期待してこられます。

そして
「久しぶりにすっきり感が味わえました。
根本的に解消して、また攣るのではないかという
不安感がなくなりました。」
と言われます。

攣る個所は
筋膜が硬くなっていてすぐにわかります。

その硬さを指摘すると、ほとんどの方が
認識でき、納得されます。

セルフ筋膜リリースのスタートは
筋膜の硬さが認識できるかどうかです。

感覚を研ぎ澄ます訓練です。
この感覚は身体のセンサーです。

健康な身体を維持するのに不可欠なのです。
もともと備わっている感覚ですが
それをずっと使っている人と、
無視して過ごしてきた人の差がでるのです。

アスリートでけがの少ない人は
この感覚が鈍らないように努力されている人です。

本題に戻って
足がつらないようにするには
筋膜の硬さをしっかり解消することです。

これは筋膜のリリースの技術がないと難しいです。
筋膜リリース教室の受講をお勧めします。
詳しくはHPをご覧ください。




☆筋膜リリースエクササイズで
快適な自然体を取り戻しましょう〜☆
ティーズリリースHP 
1