目のレンズである水晶体が白く濁ってしまった状態が白内障です。

加齢により起こりやすくなるといわれており、50歳代の約半数、60歳代の約6割、70歳代では約8〜9割、80歳以上では全ての方に白内障が見られると言われています。

白内障になる原因は、年を取るにしたがって、水晶体にあるタンパク質の酸化を抑えるビタミンB2、ビタミンE、 ビタミンCが少なくなるために、タンパク質が酸化され、できた老廃物によって、レンズが白く濁ることが原因です。

症状としては
白く濁ったレンズを通して物をみるため、物がはっきりと見えず、霧がかかったようにかすんでみえたり、

白く濁った部分と透明な部分が存在するため、光が乱反射して、まぶしく感じてしまいます。

またレンズ白濁しているため、見た物を映像として映し出す網膜に光が到達しにくくなり、目で見たものが、はっきりと網膜に映像として映し出されないため、物がぼやけて見え、視力が低下した状態になります。


では予防するにはどうしたら良いかというと

.咼織潺鵤贈押ぅ咼織潺鵤叩▲咼織潺鵤鼎鬚呂犬瓠▲丱薀鵐垢茲ビタミン、ミネラルを摂取する。

∋膤粟をカットする。(サングラス、帽子、日傘の使用。)


´△歪名鏝世錣譴討い襪海箸任后6數譽吋△隆囘世らすると、血流を良くすることが最も大切だと思います。加齢が原因と言われるのは目に栄養がいかない条件が加速するからだと思います。若い人に白内障の発生が増えてきているのは、血流の問題が大いに関係していると思います。


実際に、肩、首コリのある側の目に白内障がある方、もしくは両肩首のコリのある方は両目に白内障があるのだということを、当教室に来られる方の中では、確認しております。せっかく摂取したビタミンも肩首が凝っていたのでは目に届きません。

また肩首に限らずコリ、ハリがあるということは筋膜が健康でないということで、全体の新陳代謝も低下し、血管自体の劣化を招きますので、白内障だけに限らず、あらゆる病気の要因となります。健康体は全身の筋膜が健康であることが、スタート地点だと思います。


花セルフ筋膜リリース教室 太極拳の基礎練習を取り入れて、自分の身体の状態に気付く練習、硬さを筋膜リリースでする練習を併用して、理想の身体づくりを目指します。いつからでも参加できます。

花ティーズリリース・セミナー 開催中。要予約。
ティーズテクニックの施術の技術を学びたい人のためのセミナーです。マンツーマンのため人数が限られます。お申し込み、ご予約はお早めにお願いします。施術サロン、セルフ筋膜リリース教室の開業も可能です。


 早苗筋膜リリースで細胞から活性化! 
ティーズリリースHP   
1