昨夜からの強い南風と雨で荒れたお天気の横浜の朝です。

今年は 「超 三寒四温」 で この後また冷え込みが戻るとのこと。

ということで身体が温度変化になじめず、肩の力が抜けずに

知らず知らず呼吸が浅くなってしまいがちです。

浅い呼吸をつづけていると呼吸筋のストレッチが足りなくなり

動かさない分、筋膜が固くなって、さらに動かしづらくなるという

悪循環に陥ります。



「一息で長く吐く」 20秒くらいかけてゆっくりと吐き切るレッスンのおすすめ。

「春が来た 春が来た どこに来た〜♪」

を一息で歌うと約20秒になります。(テレビ 団塊の世代 でやっていました)

歌うことは唾液の量も増やし、肺機能の活性化にもなり、ストレスの解消にもなるので

とてもお勧めです。

歌うことで楽しく深い呼吸を取り戻しましょう。

この時に呼吸筋の動かしづらいところは

筋膜ケアを必要としているところです。



筋膜ケアで、故障のない身体づくりを目指しましょう。

継承サロンもご利用ください ↓
ケーズリリース:群馬県伊勢崎市、女性と子供専門、股関節、膝関節を特に専門。
たんぽぽリリース:横浜市中区関内、太極拳の基礎練を取り入れた身体づくり&筋膜ケア。
さくら・リリース:神奈川県藤沢市、土曜日のみ営業。特にスポーツ系の方にお勧めです。



早苗横浜市中区・筋膜ケアスタジオ 
ティーズ*スタジオHP  
肩こり、腰痛、股関節痛、膝痛で来られる方で

不調を作った原因が分からないという方で、

椅子の座り方が原因だった方が意外と多いです。

間違った椅子の座り方とは

骨盤が後傾し背中がまっすぐ伸びず軸が曲がっています。

そのために何が起こるかといいますと

常に引っ張られた状態の筋膜が多くなるのです。

肩から背中腰、臀部だけではなく

大腿から下肢の筋膜も引っ張られた状態なのです。

引っ張られた状態をキープするため、

筋膜は疲労します。

疲労した筋膜は固くなり、さらに疲労しやすくなります。

こうして筋膜が拘縮して

自力で回復しづらくなり、肩織、腰痛、股関節痛、膝痛となってしまいます。

骨盤を垂直にし、軸を通し、大腿、下肢も弛んだ状態で

腰掛けるように努力して習慣づけましょう。




実績のあるティーズリリースの筋膜ケアで、
故障のない身体づくりを目指しましょう。
継承サロンもご利用ください ↓



ティーズテクニック継承サロンはこちら〜

ケーズリリース:群馬県伊勢崎市、女性と子供専門、股関節、膝関節を特に専門。

たんぽぽリリース:横浜市中区関内、太極拳の基礎練を取り入れた身体づくり&筋膜リリース。

さくら・リリース:神奈川県藤沢市、土曜日のみ営業。特にアスリートの方にお勧めです。



早苗横浜市中区・筋膜リリース教室
思いやりの筋膜リリース ティーズリリースHP 

1