一定期間更新がないため広告を表示しています

ティーズリリースのレッスン終わりに、良くこのような質問をいただきます。

「サポーターはつけない方がいいですよね?」

ご自身で、サポーターが筋膜を締め付けていたことに気付かれるのです。

筋膜の概念を知らないと、膝や腰、肘、足首など不安なところにサポーターをつけてしまいます。

サポーターをつけていることで、そこの筋膜の機能を妨げ、筋肉が動けない、血流が悪い、新陳代謝が低下とどんどんと負の連鎖が広まります。

不安な関節には不安な要素が潜んでいるということです。

その筋膜の緊張、拘縮をきちんとスッキリ解決できる確かなスキルがティーズリリースです。



早苗筋膜サポーターズ:ティーズテクニックとティーズエクササイズで
あなたの筋膜の健康を応援します! 

ティーズリリースHP  
梅雨が明け、いよいよ夏本番です。

こんな時期こそ基本的な健康管理をきちんと行い、夏バテ予防に気を使いましょう。

/叱撞曄Ьし暑いと呼吸も浅くなり、酸素不足になります。ゆっくりと片鼻呼吸がおすすめ。最低でも朝、昼、晩の3回。

△海泙瓩平緤補給:特にエアコンの効いた部屋ではのどの渇きに気づきづらいので注意。定期的に白湯が望ましい。

お風呂は湯船につかる:暑さで身体は疲れ、生体電磁波が乱れているのを整える重要な意味があります。

た搬料澗里鬚罎辰りソフトストレッチを行うように動かす:筋膜を整える意味と固まっているところにも気づきやすくケアしやすいです。

心を落ち着けて身体の声を聴く時間を作り、体調管理をしっかりとしましょう。




早苗筋膜サポーターズ:ティーズテクニックとティーズエクササイズで
あなたの筋膜の健康を応援します! 

ティーズリリースHP  
 健康であるということは、血液、リンパ、髄液の3つの流れが滞りがなく、各細胞に栄養が届き、老廃物は回収されているということです。

スムーズに流れるには、筋膜の緊張、拘縮がなく、全身の筋肉の伸縮が可能で、かつ毎日全ての筋肉を動かす必要があります。

 身体は全体が繋がって関係、影響し合います、肩こり、腰痛、膝痛、股関節痛など部分の不調は流れを妨げ、その部分の回復が悪くなるだけではなく、全身の健康度が下がっているという観点に立ち、不調部分を早くケアし、調整して、鍛錬し、全身健康体を取り戻しましょう。

 正座をして、直に足がしびれる方、年中手足が冷たい方は筋膜が硬く血流が滞っているということです。筋膜を緩め、鍛錬することで根本解決が可能です。

 全身の筋膜を緩め、あらゆる方向に筋膜のラインをだし、スワイショウなど太極拳の基礎練習を積むことで、血液、リンパ、髄液の流れが快適になります。

 身体は全身が正しく機能しなければ健康ではないのです。そのために、毎日自らケアし、正しく使い、鍛錬することが大切です。 


花セルフ筋膜リリース教室 太極拳の基礎練習を取り入れて、自分の身体の状態に気付く練習、硬さを筋膜リリースでする練習を併用して、理想の身体づくりを目指します。いつからでも参加できます。

花ティーズリリース・セミナー 開催中。要予約。
ティーズテクニックの施術の技術を学びたい人のためのセミナーです。マンツーマンのため人数が限られます。お申し込み、ご予約はお早めにお願いします。施術サロン、セルフ筋膜リリース教室の開業も可能です。


 早苗筋膜リリースで細胞から活性化! 
ティーズリリースHP