”辛くなったら誰かにケアしてもらえばよい”
という考え方ではからだの質はどんどん低下してしまいます。

何故ならば、辛い時は身体は弱っていて
回復力が悪く、本来の健康体へ戻すのが
なかなか困難の道となるからです。

所が辛い時は身体のセンサーも鈍っていて
”とりあえず楽になれば良い”と感じてしまい
身体の質の判断基準が低下してしまうのです。

身体を本当に大切に考える人は
常に良い状態をキープしようとします。
そしてセンサーも感度がよくますます身体の質は
アップします。

このように日頃の考え方で身体の質の格差が
出来てしまうのです。

今つらい状態の人は、先ず考え方から見直して
身体を大切に思い、感謝して使いケアするようにしましょう。

身体の正しい使い方ケア方法を
確実に実践で学び、体感していくのが
筋膜リリース教室です。

「こんなにソフトに触れるのですね」
とは初めての方から必ずいただく感想です。



 ☆筋膜リリースエクササイズで
快適な自然体を取り戻しましょう〜☆
ティーズリリースHP